薬剤師が勤務できる職場とは?

薬剤師求人 > 勤務できる主な3つの職場

薬剤師求人-勤務できる主な3つの職場

薬剤師という仕事は職業柄、周囲のスタッフと協調性がなければいけません。もしも、人間関係に悩みがあるならば「転職する」という選択肢があります。けれども、次から次へ管理薬剤師求人や転職を繰り返しますと職歴が残り「人間的に問題があるのではないか?」と警戒されてしまいます。

そうは言っても、あなたの性格に合わない仕事場でストレスを蓄積しながら業務をこなすのは精神的疾患を来しかねません。 ストレスが蓄積すると生活習慣病になったり活性酸素が大量に発生してしまいます。老化がすごい勢いで進行してしまうので注意した方がいいでしょう。

人間には、それぞれ向き不向きがあるのです。 「今の勤務先は自分に向いていない」と思ったら転職するタイミングかもしれません。 今は幸いなことに薬剤師の求人は売り手市場で有利です。

無駄なストレスを我慢してまで今の仕事先にしがみつく必要はありますか? 「業務形態」や「人間関係」や「勤務条件」などストレスの原因はいろいろとあるでしょう。 「そういったストレスは転職することで、すっきり解決してくれる」と思います。 ここでは、薬剤師が勤務できる主な3つの職場と具体的な仕事内容をご紹介します。

1番目は<ドラッグストアに勤務する薬剤師>です。 ドラッグストアの店舗で薬剤師は頂点に君臨できます。 店長や登録販売者と協力しながら世の中に役立つドラッグストアを運営する仕事です。 地域社会に貢献できますし、病院薬剤師や調剤薬局薬剤師と比較して年収が高い傾向なので魅力的でしょう。

2番目は<病院薬剤師>です。 一般的に患者様とのコミュニケーションは、あまりないです。 薬剤師が行う業務の中心は在庫担当業務やDI業務です。 (※DI業務=Drug Infomation:医薬品情報業務のこと)

接する機会が多いのは製薬会社のMRや医薬品卸のMSです。 病院で勤務する薬剤師でも民間病院の場合は病棟勤務の場合もあるようです。 (※MS=メディカル・レプレゼンタティブ:医薬情報担当者/MS=マーケティング・スペシャリスト:医薬品卸販売担当者)

3番目は<調剤薬局薬剤師>です。
一般的な人が薬剤師をイメージするのが、この調剤薬局薬剤師でしょう。
・来店した患者様やご家族への受付対応
・お薬手帳の発行
・ジェネリック医薬品の説明
・服薬指導
・処方箋を出した医師への疑義照会
・薬袋への因子
・調剤監査
以上のような専門知識をフル活用した業務があります。